カステルジャパン

持続可能な発展を担う企業として
苗
花
ブドウ畑

持続可能な発展は最も重要な企業戦略目標です。

新しい価値を創り出すこと

年間約6億4千本のワインを生産しています。しかし、徐々に広がる気候変動、土地の疲弊、資源の減少、土壌汚染、その他様々な環境の変化を考えると、同じように生産をし続けることは不可能です。

 

そこで今私たち企業に求められているのは、新しい価値軸に基づいたイノベーション、そして環境と社会的責任を明確にすることです。

 

持続可能な発展を目標にすることは、私たち企業にとって新たな成長を遂げる機会でもあります。 よりグローバルな視点に基づいた企業パフォーマンスの管理; ビジネスプロセスの見直し、リスクとコスト削減。そして利害関係者すべてと連携することは、新しい無形資本の確立を目指すチャンスでもあります。

商品の品質だけではなくさまざまな利害関係者との係わりが、今後の企業発展には欠かせないことです。

 

次世代ビジネスにふさわしい永続的な価値を創るため、様々な業務の見直しを行っています。

 

環境に拝領した持続可能な発展とは、永続的な真の価値を創造することです。この信念に基づき実行をしています。

他企業との連携

消費者は今、品質や出所を証明する産地にこだわり、さらにその生産者が環境、社会、経済にどのように配慮した生産活動をしているのかということも重視します。

 

環境 : 環境への取り組みや、商品のトレーサビリティー。CASTELはすでに畑からお客様の元に届くまで、商品を管理しています。

 

社会 : 社員一人ひとりが、活き活きと“働く喜び”を感じることができる企業であること。

 

経済 : 持続可能、そして共有できる豊かさを創りだす企業であること。CASTELが最も重視することです。

ワイン業界のリーディングカンパニーであり続けるには、お客様からの信頼が大切です。消費者の要望に基づいた改善を行ってまいります。お客様に一番近い企業であることを目指します。

新しい価値を創り出すこと

ワイン業界に限らず、様々な業界で企業はお互いに助け合い共存しています。つまり、持続可能な発展を実現するには、私たちは関係企業と共に同じ目標を共有し、実行することが求められているのです。

 

 

 

ワイン業界のリーディングカンパニーとして、関係企業すべがより成長するよう、責任を担っていると考えています。それは、我々の責務でもあり、そして意志でもあります。フランスの未来を大きく担う企業なのです。