カステルジャパン

カストル・ジロンド村にあるシャトー・フェランドゥは、もとはこの地の領主の館で、19 世紀末に改築された美しい建物です。このドメーヌの歴史は古く、紀元前1 世紀にはカストル村にローマ人が駐在していたことから、その頃から多くの人々が往来する大規模な集落があったと考えられます。シャトー・フェランドゥは、多くの傑出した人物が城主として名を連ねています。カステルファミリーは、当時の城主デルノー提督から土地を借り受け、16 年間経営にあたった後、1992 年にこのシャトーを買い取りました。最高の品質を追求し続けるシャトー・フェランドゥでのワイン造り。その姿勢と造られたワインの質が評価され、当シャトーは世界的な名声を勝ち取り、厳選されたメンバーのみが加入を許されるユニオン・デ・グラン・クリュのメンバーとなることができました。

vineyard

グラーヴ地区の中央に位置するシャトー・フェランドゥのブドウ畑。94 ヘクタール(赤ワイン用89 ヘクタール、白ワイン用5 ヘクタール)の畑はグラーヴ地区特有のテロワールです。たとえば、土壌はおもに砂と砂礫で構成されていますが、地表には大き目の小石が多くみられます。きわめて水はけが良く夜も高温なため、果実の成熟が早く、エレガントで個性をもったワインを造ることができます。1 ヘクタールあたり9,600 本と非常に高い植栽密度で栽培されるブドウからは、香り高く繊細で、かつ濃厚なワインが作られます。

cellar

シャトー・フェランドゥでは、ワインの熟成に適した近代的な醸造施設が整備されています。グラーヴのテロワールで丁寧に育てられ、収穫されたブドウの長所を最大限に引き出すべく、ブドウのデリケートさを考慮した圧搾プレスや、最新の温度管理システムを備えた高性能のステンレス製タンクが使用されています。新樽・使用済み樽・ステンレスタンクを使って、8 か月間、12℃ほどの温度で熟成を行います。

behind the scean

このシャトーの経営管理者でありワインの監修者でもあるマルク・マントナにとって、シャトー・フェランドゥは第2 の自分自身のようなものだと言います。銘酒を生み出すと同時に非常に気難しいこのテロワールを理解し、使いこなそうと、もう何年過ごしてきたのでしょう。「テロワールの特徴をよく反映するワインを造ろう。すっきりとしていてフレッシュかつエレガントで、そして美味しい料理と相性の良いワインを。」と自分自身に言い聞かせて毎年ワイン造りをしています。経験豊富で細部にも神経を尖らせてワイン造りをする彼は、バランスのとれたワインのデリケートさを誰よりもよく知っています。そんな彼だからこそ、ブドウ栽培の極意を会得し、芳醇で上品な素晴らしいワインを造りだすことができるのです。

 

2015ヴィンテージは質、量共に特別な年でした。冬は通常の天気で(冬の2ヶ月は雨が多く、1月中旬〜2月中旬が一番寒い)、続く春は乾燥し、暑く、開花にはほぼ申し分ない状況でした。6月は夏のような天気になり、アキテーヌ地方は100年に一度の暑さを経験しました。早めの開花と結実、そしてスピードも速く均一がとれていました。良いヴィンテージになるための初めの条件が揃いました。6月下旬〜7月は乾燥し、気温も非常に高かったため成長のスピードが遅くなりました。色つきが始まるころ、樹の成長が止まりました。9月と10月は涼しく日差しもあり、そして雨が降りませんでした。ブドウの収穫は9月の一週目に始まりました。良い状況で収穫をすることができ、素晴らしいヴィンテージを作ることができました。

tasting

淡いゴールドの色調が美しいワイン。非常にフルーティかつフレッシュで、繊細さとミネラル感のある柑橘系の香りがします。フレッシュなアタックと柔らかさと力強さのバランスのとれた味わいが楽しめます。また、ボルドーの白ワインでは珍しいソーヴィニヨン・グリをブレンドすることで、特徴のある味わいを表現しています。柑橘系の果実味と白コショウのニュアンスもあり、軽いなかにも充実した心地よさが余韻として残るワインです。

FOOD/WINE PAIRINGS :

アペリティフとして、貝類、甲殻類、アカエビのタルタルコリアンダー風味、魚料理、白身の肉料理、
子牛のヒレ肉アンズダケ添え、熟成チーズなど

AGING POTENTIAL :

すぐに楽しめますが、冷暗所に寝かせて2〜4年の熟成もお勧めです。

SERVE :

8〜10度が理想的

TECHNICAL DETAILS

栽培面積:7.5ヘクタール
栽培密度:9,600本/ヘクタール
品種:セミヨン 40%、ソーヴィニヨン・グリ 30%、ソーヴィニヨン・ブラン 30%

AWARDS

シャトーのホームページ

テクニカルデータダウンロード