カステルジャパン

シャトー・ギィヨンは、カストル・ジロンド村にあります。この美しい建物は、19世紀末に改築されたもので、城主の邸宅でした。この領園の歴史は、遠い昔にさかのぼります。紀元前1世紀にはカストル村にローマ人が駐在していたことから、古くから多くの人々が往来する大規模な集落があったことが想像されます。その歴史の中で、多くの傑出した人物が城主として名を連ねています。カステルファミリーは、当時の城主デルノー提督から土地を借り受け、16年間経営にあたった後、1992年にワイナリーを買い取りました。最高の品質を求め続ける姿勢に貫かれたユニークなスタイルによって、シャトー・ギィヨンは世界的名声を勝ち取りました。

vineyard

シャトー・ギィヨンのブドウ畑は、グラーヴ地区の中央に位置します。15ヘクタールの土地は、グラーヴ地区独特のテロワールの恩恵を十全に受けています。たとえば、土壌はおもに砂と砂礫で構成されていますが、大きめの小石が地表に多く見られます。水はけがきわめてよく夜も高温なため、果実の迅速な成熟が促され、エレガントで独特なワインの生産に適しています。植樹密度がきわめて高い(1ヘクタールあたり9,600本)ことから、香り高くデリケートで、かつ濃厚なワインに向いたブドウが収穫されます。

cellar

シャトー・ギィヨンワインの熟成に好適な近代的醸造室が整備されています。最新の温度管理システムを備えた高性能のステンレス製タンクから、さらにはブドウをきわめてデリケートに圧搾するプレスまで、このグラーヴのテロワールで丁寧に収穫されたブドウの力を最大限に引き出すべく、あらゆる努力が払われています。注意深い醸造の後で、赤ワインはブレンドされてオーク製バリックに樽詰めされ、12〜14カ月熟成されます。優秀で上質なワインを尊重し、シャトー・ギィヨンワインは卵白で清澄後、ビン詰めされます。

behind the scean

このワイナリーの経営管理者であり指揮官でもあるマルク・マントナにとって、シャトー・ギィヨンは職場以上のものです。「寛大であると同時に要求も厳しいこのテロワール」を理解し手なずけようと、もう何年過ごしてきたのでしょう。ワイン生産が終了すると毎年、「テロワールの特性と共鳴するワインを作らなければならない。混じりけがなく、フレッシュで、エレガントで、美食料理と相性の良いワインを」と自分に言い聞かせるのです。また、経験豊富で厳格な醸造専門家として「バランスのとれたそのようなワインの繊細さ」を誰よりもよく知っています。ブドウ栽培の極意を会得したマルク・マントナなら、芳醇さと優雅さが真のパワーの源となっているワインを作り上げることができるでしょう。

 

ワイン作りの醍醐味は自然の神秘の中にあります。春と夏が逆転するような天候となったこの年のヴィンテージは型にはまらない特徴をもっています。良質な出来もさることながら、テロワールの美しさや人々の力を感じられるワインです。収穫前には理想的な気候が続き、最終的に非常によいワインの年となりました。ブドウと自然を知り尽くした作り手たちによって、鮮やかでフルーティな、繊細なタンニンを感じられる味わい深いワインが誕生しました。自然の恵みが育んだワインは、豊かな食卓を演出してくれます。このヴィンテージを味わいながら、2009年、2010年ヴィンテージの成熟を待つのもまた良いでしょう。

tasting

2011ヴィンテージは深紅色の美しい色調です。赤系果実の香りとともにミントの香りも感じます。口に含むと非常にしなやかな印象で、タンニンが、心地よくエレガントなストラクチャーを作り出しています。全体としてフレッシュさのあふれるハーモニーが表現されており、熟したフルーツやカシス、カカオなどのアロマを際立たせています。最後は、豊かなテロワールによって生まれたワインの味わい深さが余韻として続きます。

FOOD/WINE PAIRINGS :

木の子入り鶏肉のガランティーヌ、豚のフィレ肉、子牛肉、牛肉、ソース料理、熟したチーズなど。

AGING POTENTIAL :

すぐに楽しめますが、冷暗所に寝かせて4〜8年の熟成もお勧めです。

SERVE :

1時間前に開栓。17℃が理想的。

TECHNICAL DETAILS

栽培面積:15ヘクタール
栽培密度:9,600本/ヘクタール
土壌:小石まじりで湿気を含む土
品種:メルロー 60%、カベルネ・ソーヴィニョン 40%

AWARDS

シャトーのホームページ

カタログダウンロード