カステルジャパン

テロワール(土壌)

フランスを代表的するワイン産地に生産拠点を置くカステル社は、テロワール(土壌)を見極め、その多様性をリスペクトし続けています。なぜならば土はそれぞれの方法でその土壌の特性やその地方独自の栽培方法を表現します。そしてカステルのワインもまた、その違いを豊かに表します。

 

様々なシャトーワインや充実したブランド群によって、カステル社は飲み易いワインから愛好家向けのワインまでどんなシーンにも提案できる幅広い商品を取り揃えています。フランスを代表とするワインの産地ボルドーをはじめ、プロヴァンス、ラングドック、ロワール、ローヌ川流域からブルゴーニュ地方まで、カステル社所有のブドウ畑はフランス全土でおよそ1400ヘクタール、アフリカ大陸で1600ヘクタールに及んでいます。

 

更にカステル社は、各地方のブドウ生産者や協同組合と永続的で公正なパートナーシップを結んで独自のビジネス展開を行っています。

 

 

ワイン造りに携わる人々

それぞれの地方の経済活動に深く関わり存在力を高めているカステル社は、アイデンティティーを守りながら更に充実させ、ビジネスを永続的に行いバイタリティーをもって発展を続けてまいります。 バラエティあふれるブドウ産地はカステルグループに取って間違いなくチャンスとなり、またグループは各地域の牽引役となることでしょう。

 

慣行や文化を画一的に押し付けるのではなく、地域の特性を尊重しその地方の実態に適応する企業であり続けたいと願っています。カステル社のスタッフ達は各地方を熟知し、それぞれの能力や専門知識を注ぎ込みながら活動を続けています。

ワイン樽
ソムリエ

カステルの施設

カステルの施設の地図