カステルジャパン

プリニャック・アン・メドックに位置するこのシャトーの歴史はルスパールの領主がこのドメーヌを所有していた16世紀にまで遡ります。現在のシャトーはブドウ栽培に力を入れるため、1856年にセヌレ氏が建造しました。1935年に当ドメーヌはスペイン軍将校のデル・インファンタド公爵とフランカヴィラ氏に買い取られ、ブドウ栽培は行われなくなります。そして1973年、カステルファミリーがこの土地を購入し、ブドウ栽培が再開されます。これと期を同じくして、大規模な改修工事も進められました。今日、シャトー・トゥールプリニャックはメドックでも最大級の広さを誇るドメーヌと、ブドウの品質を向上させるよう設計されたブドウ畑を所有するに至っています。シャトー・トゥールプリニャックのグランド・レゼルヴはメドック北部有数の高品質ワインに数えられています。

vineyard

所有地の総面積は、ブドウ畑の他に林や草地を含め300haに及びます。ヤニック・ゲイ氏の指導の下ブドウ畑が再整備されて植栽密度も上げられ、2003年ヴィンテージより最適条件下でブドウ栽培が行えるようになりました。147haのブドウ畑では、1haあたり7,200本という植栽密度を可能にしています。メドックではカベルネ・ソーヴィニヨンに花を持たせるという精神があり、最も条件の良い区画、最も暖かい斜面を選び抜いてカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培しています。メルローは最も肥沃な土地で栽培されています。

cellar

ワイン造りは丁寧な収穫から始まります。各品種、各区画のブドウは、各々の個性を引き出すよう別々に醸造され、その後ブレンドされます。樽での熟成は、ワインを上質なものに仕上げる重要な期間です。最高の技術を持つ樽職人が最高品質のフレンチオークで作った新樽を80%使用し、最適温度下で醸造し、非常に細かい部分にまで配慮を行き届かせて巧みにワインを造っていきます。

behind the scean

1979年よりヤニック・ゲイ氏がこのシャトーを管理しています。彼は情熱を持ってワイン造りに取り組んでおり、当シャトーの新しい目標を語っています:「グランド・レゼルヴと称されるワインを造ること。これはオート・クチュールを作るような、高品質ワインを完璧に仕上げるということです。」

2014年ヴィンテージからはアラン・レイノー氏のアドバイスのもとで醸造が行われるようになり、ワイン品質が一層向上しました。彼はポムロールのシャトー・ラ・クロワ・ド・ゲとサンテミリオンのグランクリュ、シャトー・デュ・パルクの所有者でもあります。彼の仕事は世界中に及び、特にナパ・ヴァレーのドメーヌ・ゴルジンでのコンサルティングは有名です。アラン・レイノー氏は1994 年から2000年までユニオン・デ・グランクリュ・ド・ボルドーの会長を務め、今日ではグラン・セルクル(ボルドーのワイン協会)の創業者兼会長を務めています。

 

ブドウ生育の前半と後半ではっきりと2つの季節がありました。前半の生育時期は涼しく、湿度もありました。後半の秋口は暑く晴れの日が続き、2014ヴィンテージらしさがはっきりと表れました。4月、5月の涼しく湿気があった時期、枝の成長は非常にゆっくりでした。6月は暑く、晴れの多い月だったため、10日ごろから樹の成長が加速しました。翌7月は気温が下がったため、成長が遅くなりました。ブドウの熟成期の降水量は少なかったです。9月と10月は特別な気候でした。乾燥し、非常に晴天の日が多くありました(右岸とは違い、左岸は9月に50mmの降水量はありませんでした)。

tasting

非常に濃い赤色です。ボリュムー感があるワインであることが分かります。黒果実やチェリーリーキュール、上質な樽香の力強く厚みのある香りがします。味わいも香りと同じ印象です。さらに滑らかさが加わります。ハバナシガーやチョコレートの濃いフレーバーを、細く上品なタンニンのストラクチャーが支えています。余韻も長いです。

FOOD/WINE PAIRINGS :

うさぎとフォワグラのテリーヌ、子羊のリブ、野うさぎの赤ワイン煮込み、熟成チーズなど。

AGING POTENTIAL :

すぐにでも楽しめますが、9〜15 年の熟成もお勧めです。

SERVE :

2時間前に開栓、17 度が理想的。

TECHNICAL DETAILS

栽培面積:144ヘクタール
栽培密度:7,200本/ヘクタール
土壌:粘土石灰質、砂利質
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 60%、メルロー 40%
熟成:フレンチオーク樽で16カ月熟成(70%は新樽)
テラ・ヴィティス認証済み

シャトーのホームページ

テクニカルデータダウンロード