カステルジャパン

プリニャック・アン・メドックに位置するこのシャトーの歴史はルスパールの領主がこのドメーヌを所有していた16世紀にまで遡ります。現在のシャトーはブドウ栽培に力を入れるため、1856年にセヌレ氏が建造しました。1935年に当ドメーヌはスペイン軍将校のデル・インファンタド公爵とフランカヴィラ氏に買い取られ、ブドウ栽培は行われなくなります。そして1973年、カステルファミリーがこの土地を購入し、ブドウ栽培が再開されます。これと期を同じくして、大規模な改修工事も進められました。今日、シャトー・トゥールプリニャックはメドックでも最大級の広さを誇るドメーヌと、ブドウの品質を向上させるよう設計されたブドウ畑を所有するに至っています。シャトー・トゥールプリニャックのグランド・レゼルヴはメドック北部有数の高品質ワインに数えられています。

vineyard

所有地の総面積は、ブドウ畑の他に林や草地を含め300haに及びます。ヤニック・ゲイ氏の指導の下ブドウ畑が再整備されて植栽密度も上げられ、2003年ヴィンテージより最適条件下でブドウ栽培が行えるようになりました。147haのブドウ畑では、1haあたり7,200本という植栽密度を可能にしています。メドックではカベルネ・ソーヴィニヨンに花を持たせるという精神があり、最も条件の良い区画、最も暖かい斜面を選び抜いてカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培しています。メルローは最も肥沃な土地で栽培されています。

cellar

ワイン造りは丁寧な収穫から始まります。各品種、各区画のブドウは、各々の個性を引き出すよう別々に醸造され、その後ブレンドされます。樽での熟成は、ワインを上質なものに仕上げる重要な期間です。最高の技術を持つ樽職人が最高品質のフレンチオークで作った新樽を80%使用し、最適温度下で醸造し、非常に細かい部分にまで配慮を行き届かせて巧みにワインを造っていきます。

behind the scean

1979年よりヤニック・ゲイ氏がこのシャトーを管理しています。彼は情熱を持ってワイン造りに取り組んでおり、当シャトーの新しい目標を語っています:「グランド・レゼルヴと称されるワインを造ること。これはオート・クチュールを作るような、高品質ワインを完璧に仕上げるということです。」

2008年ヴィンテージから、メドックワインのスペシャリストであるエリック・ボワスノ氏が醸造コンサルタントとして指導を開始しました。彼がコンサルタントを務めるのは他 にシャトー・ラトゥール、シャトー・マルゴー、シャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・ムートン・ロートシルトやシャトー・パルメなど、一流シャトーばかりです。 ボワスノ氏は味わいのバランス、エレガントさやフルーティーさに格別なこだわりを持っています。

 

2012年は乾いた冬のため、遅めにスタートしたヴィンテージでした。涼しく、湿気をおびた春。前年に比べ、降水量が多く、涼しい6月。夏は9月上旬までとても暑く、晴れやかな日が続き、ブドウの最適な成熟を促しました。葉の摘み取りは7月に機械によって、また8月には手摘みによって行われました。2012年のメルローは、特に素晴らしい出来栄えで、本ヴィンテージになめらかさを与えました。カベルネは、9月の恵まれた太陽により、熟成し、とても良いストラクチャーを与えました。1年を通して温度変化に富んだ、難しい天候にも関わらず、ブドウの健康状態を大変よく管理出来た年となりました。

tasting

長い熟成を楽しめるワインであることを感じる気品あるワインです。目を見張るような深い色調がその質を物語ります。豊かな黒果実、ほのかな木の香りがします。口には、深みのある味わいが広がります。タンニンが繊細な骨格を作りだし、チョコレートのようなニュアンスをもたらします。力強い味わいが続きます。

FOOD/WINE PAIRINGS :

うさぎとフォワグラのテリーヌ、子羊のリブ、野うさぎの赤ワイン煮込み、熟成チーズなど。

AGING POTENTIAL :

すぐにでも楽しめますが、8〜15 年の熟成もお勧めです。

SERVE :

1時間前に開栓、16〜17 度が理想的。

TECHNICAL DETAILS

栽培面積:10ヘクタール
栽培密度:7,200本/ヘクタール
土壌:粘土石灰質、砂利質
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 67%、メルロー 33%
熟成:フレンチオーク樽で12カ月熟成

AWARDS

シャトーのホームページ

カタログダウンロード